keiko150125 ほぼ毎週日曜の午前中は剣道の稽古なのですが、今日は先週防具を購入した子どもが剣道の防具デビュー、ということで、初めて面までつけて稽古をしました。

 そもそも自分が剣道をやっていた子どものときは、それほど剣道は好きではなく、道場に通う日は少し憂鬱だったことを覚えています。それでも友達もいるし、あの道場の空気は好きだったので、中学でも剣道部に入りました。

 しかしいろいろあり情熱も薄れてきて、なんとなく辞めてしまいました。
 友人の影響で美術部に入りたかったのもあったかもしれません。

 大人になってからは、何度か剣道をもう一度始めたいと思ったことはあったのですが、区報などで連絡先を確認するくらいにとどまり、忙しさもあって二の足を踏んでいました。
 ところが、子どもが小学生になり、地区の剣道団体があることを知って、やはりちょっと覗いてみよう、という気になったのでした。
 結果的にコレが正解。運動不足解消のためにいろいろ試してみてはいたのですが、どれもイマイチ乗れずにいたところ、剣道は子どもに混じって一緒に教えられる側から始めたにもかかわらず、とても楽しく稽古に参加するようになりました。

 今も先生側ではなく、子どもと一緒に教えられる側に座っていますが、大人同士で稽古をする段になるとそちらに入れて頂けるし、初心者・低学年チームが多い今日みたいな日は、子どもに打たせる元立ち側にまわります。

 今までも一緒に稽古はしていたのですが、防具をつけると一応同じ土俵に立ったみたいな感覚で、今日は計らずも元立ちで自分の子どもと組になる機会があり、親としてはちょっと嬉しかったのでした。
 1年ちょっと前までは、自分が大人になって剣道もう一度やるとも思ってなかったし、まさか子どもと防具をつけて稽古する日が来ようとは・・・。

 まぁ、先週も今週も子どもメインの稽古メニューで自分としては少し物足りないところではありますが、無理するとまたカラダを壊してしまうので、これくらいがちょうどいいのかもしれません。

 いずれにしても、今まで以上に今後が楽しみです。