(手前は次女作ひな人形)

(手前は次女作ひな人形)

 本日は桃の節句、ひな祭り。自宅では一応雛人形を飾りました。

 いつもお内裏様とお雛様の左右を間違えますが、写真があるのでそれを見本にしてます。同じように右近の橘、左近の桜、も言葉を覚えていても迷います。
 我が家のは、家も狭いのでお内裏様とお雛様のペアのみで、三人官女、五人囃子はありません。宝物や右大臣、左大臣まであるのは、最近は個人宅ではあまりないのではないでしょうか。

 そもそもお雛様の文化自体が今後どうなってしまうんだろうか、という話題を某メルマガで見かけたりしてますが・・・。

 個人的には、結構好きです。男の子だったので子どもの頃は家にはなかったのですが、お雛様にかぎらず、日本文化とか和風なものには昔から心惹かれます。

 大学時代、民舞のサークルに入っていたのも、大学生になってから目覚めたわけではなく、小学生の時の自由研究に「日本の祭り」を選んだり、ソーラン節を踊ったり(和太鼓担当だったので実際は踊ってないけど)してたからかもしれません。

 なんだかそんなことを思い返すひな祭りでした。