背丈の高いのはヒマワリだそうです。

背丈の高いのはヒマワリだそうです。


 総会を終え、なんだか会務の量がかなり増えている今日この頃。自分の仕事もきちんとしなければ、と気持ちを新たにしています。(もちろん会務も仕事ですが、ここではそれ以外の、という意味です。)

 そんな中、久々に畑のボランティアのリーダーの方からお声がかかりました。

 骨折以来、なかなかお手伝いができず失礼していましたが、まだ治っていないため、ちょっと参加は難しそうです、とお伝えすると、「梅が落ちてきてるから拾いにおいで」とのこと。お言葉に甘えて、仕事の合間にお邪魔してきました。

 子どもたちが授業で使うためにたくさん拾った、という話は先日子どもから聞いていましたが、まだまだたくさん落ちていました。

水につけておけば中の虫が出て行く、と教えられました。

水につけておけば中の虫が出て行く、と教えられました。

 周囲はほのかな香りが漂っていて、「熟して落ちた梅の匂い」というのを初体験。
 踏み潰されたり、虫が食ってたりしたものを除いても、結構な量になり、上を見るとまだまだ枝にも色のいいものがたくさんなっていました。

 持ち帰って、一つ口にしてみましたが、味は「酸味の強いスモモ」といった感じ。言われなかったら梅とは分からなさそうです。熟しているので、そのままブランデーや焼酎に漬け込んでもOKですし、ジャムにしたりすることもできるとのこと。

 6月の梅雨入りの季節が梅の実の熟す季節、というのは、字面ではなんとなく分かっていましたが、実際に身をもって体験すると忘れることはなさそうです。都会の中に住みながら、季節ごとの自然の恵みを受けられるというのは、幸せなことだと感じました。

 今週はなかなかブログに力を入れられず反省しているところですが、来週は会務でもっと忙しくなりそうです。梅を食べて、パワーを充電しておきたいものです。