11kanon というタイトルとは全く関係ありませんが、平成27年2月27日から、商業登記の手続も少し変わっていて話題となっていました。

 登記も司法書士さんの業務分野なので、直接は関係ないのですが、やはり仕事柄知っていると便利だったり、知らないと困る場面も出てくるので、抑えておいて損はありません。

 少しだけ司法書士試験の勉強もしていたことがあるので、個人的には興味ある分野です。

 何が変わったかといいますと、詳しくはこちらに載っていますが、やはりざっくりとだけご紹介。

1 役員の登記(取締役・監査役等の就任,代表取締役等の辞任)の申請をする場合の添付書面が変わります。
2 商業登記簿の役員欄に役員の婚姻前の氏をも記録することができるようになります。

 法務省のサイトには2つ書いてありますが、今回お伝えしたいのは1です。

 今までは、登記申請につける添付書類としては就任承諾書で済んでいたのですが、今後は実在の人物かを確認するために本人確認書類をつける、ということになったようです(ただし、登記申請書に当該取締役等の印鑑証明書を添付する場合は除く)。

 その本人確認書類ですが、
1.住民票の写し(住民票記載事項証明書)
2.戸籍の附票
3.住基カード(住所が記載されているもの)のコピー
4.運転免許証等のコピー

 が例として挙げられています。
 3.と4.に関しては、裏面もコピーして本人が「原本と相違ない」旨記載し記名押印する必要があるとのこと。

 では、選任されたその場で就任を承諾した場合に議事録記載をもって就任承諾書をつけない、というケースはどうなるのか、という話ですが、議事録にきちんと選任された者の住所を記載し、やはり本人確認書類を添付してください、とのことでした。

 また、辞任の方は代表取締役等(登記所に印鑑を提出した人)が辞任する場合だけですが、「辞任した代表取締役等の個人の実印+印鑑証明書」か「辞任した代表取締役等の登記所届出印(会社の実印)」が必要になるとのことです。

 会社だけではなく、一般法人なども同様なので、少し注意が必要かもしれません。
 受験生的には要チェック・・・でしょうか。