ご家族が亡くなった場合、ご遺体の安置先の手配から始まり葬儀の段取や関係者への連絡など、やらなければならないことは引きも切らず、ご家族としてはゆっくり悲しみに暮れている時間もない、というのが現実です。

葬儀も一段落し、不意の来客も減りはじめ、日常を取り戻すころに気になりだすのが「相続手続」です。

「相続人」「遺産分割協議」「遺言」など、テレビのワイドショーや何気ない会話の中で聞いたことはある単語。しかし実際にどういった意味を持つ単語なのかはよく分からない。ネットで調べてみても分かったような分からないような・・・。

「一般論ではなく自分自身の今おかれた状況をに本当に必要な情報は何なのか。どんな手続が必要なのか。」
そう思われたらご相談ください。そのためにこそ専門家がいるのです。