何か遺言について書こうと思ったのですが、自分の備忘録も兼ねて、遺言事項について記したいと思います。

遺言としての効力が認められるのは法律で決まっている、というのはご存知でしょうか。
例えば、遺言で抵当権を設定したり、遺言でお金を借りる、なんてことはできません。

もちろん、残された家族で力を合わせて生きてください、などの内容は、法的拘束力はありませんが、家族への最後のメッセージとして大切だと思います。

ここでは、法律上定められている遺言事項についてご紹介します。
一般的には、下記のものが挙げられます。

1 推定相続人の廃除及びその取消(民893、894Ⅱ)
2 相続分の指定及び指定の委託(民902)
3 遺産分割方法の指定及び指定の委託、遺産分割の禁止(民908)
4 相続人相互の担保責任の指定(民914)
5 遺留分減殺方法の指定(民1034ただし書)
6 遺贈(民964)
7 一般財団法人設立のための定款作成(法人法152Ⅱ)
8 信託法上の信託の設定(信託法3)
9 認知(民781Ⅱ)
10 未成年後見人の指定、未成年後見監督人の指定(民839Ⅰ、848)
11 遺言執行者の指定及び指定の委託(民1006Ⅰ)
12 祭祀主宰者の指定(民897Ⅰただし書)
13 無償譲与財産を親権者・後見人に管理させない意思表示及び管理者の指定(民830Ⅰ、869)
14 著作者死亡後の人格的利益の保護(著作権法116、115)

ちなみに、法定遺言事項ではないものの、法律上意味のある遺言事項として、

15 寄与分の指定(確定はしないが、家裁の判断に際し考慮され得る)
16 生命保険金受取人の変更(死亡保険金請求権は相続財産ではないが、指定変更権が留保されている場合に変更を認めた高裁判例H10.3.25)
17 相続欠格の宥恕
18 遺贈義務者の負担割合の指定
19 債権・知的財産権の放棄(債務者に対する特定遺贈、相続人に対する一種の負担の賦課)
20 葬式の方法等の指定

などがあります。
何かの参考になれば幸いです。