kougi150310-3 本日は、日本行政書士会連合会が主催するADR調停人講師養成研修(通称トレーナーズ・トレーニング)の東京会場2日目が開催されました。
 先日の大阪会場に引き続き、今週もADR三昧の日々ですが、自分が担当するパートは2日目前半なので、これで無事終了。明日は講師補助となります。

 また、個人的には、今年度の講師業はこれで全て終了し、ホッと一息つくことができました。

 今回はワークショップについて学ぶ、創る、体験する、というようなことが3日間のテーマとなっていましたが、私の担当は「グループワーク概論」ということでしたので、グループワークの簡単な歴史的背景や集団心理学の内容も盛り込みつつ、実際にワークショップを創った実例の一つとしても提供させて頂きました。
 大阪で行ったものと基本的には同じですが、前回の反省点や改善点を自分なりに活かし、少しだけブラッシュアップさせて頂きました。

 今回、自分の中で漠然と描いていた講義の組み立てが、一つカタチのあるものになり、まだまだ改善点や課題はたくさんあるものの、現時点での自分の総決算として臨むことができました。

 貴重な経験を頂き、自分自身大変勉強になりました。ありがとうございました!